シンバのBBS

ペンブローク・ウェルシュ・コーギー シンバのホームページ

せみ セミ 蝉

今年、2004年の夏はセミの当たり年です。 17年セミと言って、17年に一度大量発生します。
土からでてきたばかりの17年セミたちをご紹介します。
散歩をしていると異常にたくさんの蝉たちと蝉たちが出てきたばかりの無数の穴に出会うことが出来ます。

ここにある写真は全部自由にお使いいただいて結構です。(使いたい人がいればですが。。。) 
良い子のみなさん。夏休みの宿題に役立ててください!

土から出てきたばかりのセミの幼虫

これから木を探して上っていく

犬に食べられないように気をつけながら木を探すセミ。

木を探し殻から抜けたセミ

 

大量に木の葉っぱについているセミ達

ところ狭しとセミの殻が葉っぱに残っている。

葉っぱの裏。 セミとセミの殻がついています。

殻から抜け出たばかりのセミ

まだ羽が白いセミ

殻からぬけたばかりのセミ

羽がだんだんとかわいてきたセミ。乾いてくると羽がしっかりとして尖ってくる。

殻から抜けたばかりのセミ

殻からはなれようとしているセミ

羽がまがっているので、直してあげようとする指

殻から抜けようとするセミ。このセミは木ではなく、道路標識に上ってきた。 背伸び中。

道路標識のセミ。向こうの方にセミを観察する少年がいる。

殻から抜け背伸びをしたあとにからだを前に曲げて殻をつかむセミ。

殻から抜け出たばかりのセミ。

体を乾かしているセミ。

背中の殻が割れはじめたセミの幼虫。

徐々に背中の割れ目が大きくなります。

だんだんと体が出てきたセミを上から見ると。。。

だんだんと出てきました。

かなり出てきました。

背伸びする前のセミ。

セミの殻が木の下に大量に落ちている

セミたちが出てきた穴

ヒット カウンタ

ブラウザーの”戻れ”ボタンで戻ってください。